ほんとは課題投稿で出そうと思ったんだけど、これは絶対落ちるな、と思ったので、ブログに載せます。
「アミ、小さな宇宙人」という本のタイトルをまねしてみました。

=====
こんにちは! 私は白クマのあみちゃんといいます! 毛糸の編みぐるみなので「あみ」という名前になりました。たくさんのぬいぐるみと一緒に大好きなおねえちゃんと下関で暮らしています。

あみは、東京にある西武百貨店の販促グッズ「おかいものクマ」の小クマです。小クマは西武のバーゲン「夏市」「冬市」で2000年から期間限定で売り出されました。うちのおねえちゃんは昔からおかいものクマが大好きで、20cmほどの小クマが出た時に欲しくて欲しくてしょうがなくなり、2001年の冬市から2007年の夏市まで、毎シーズン限定小クマを買っていました。色つきの子と白い子とペアで買って、全員に名前をつけていました。

ところが2007年の暮れにおねえちゃんは病気で倒れてしまい、2008年の冬市からは西武にクマを買いに行けなくなってしまいました。おねえちゃんは練馬に住んでいたので、池袋までは電車で10分です。だけど寝込んでいたので、2008年の子からはうちに来なくなりました。

そして4月からは大学で教えるお仕事に一度復帰したけど、夏休みが終わって後期の授業が始まる時に、もうダメだ、と休職して田舎に帰ることになりました。その時に、おかいものクマは34クマいたのですが、迎えにきたお父さんの命令で、ふたりだけ残してお別れすることになりました。

お別れする前の夜、おねえちゃんはクマたちとお話をしました。

ぴんちゃん(ピンクのクマ)「お別れ……なの?」
ミル(白いイケメンのクマ)「ボクたちのこと、嫌いになったわけじゃないよね?」
ハリー(白いぽ〜っとしたクマ)「え〜っ!」

そこまででおねえちゃんは泣いちゃって、あとの子とはお話ができませんでした。

おねえちゃんが練馬の家を引き払う日、クマたちが入った袋をゴミ集積場に出しました。8時半ちょっと前に東京都清掃局の車が来たとき、おねえちゃんは「ひぃっ!」と泣きました。「おねえちゃ〜〜ん!」というクマたちの叫び声は、ゴミ集積車のががががっという音にかき消されました。


それからは、ふたりだけ残ったクマと暮らす日が続きました。お父さんも、ママも、クマたちの存在を認めてくれました。真っ黒な「まぉ」くんと、焦げ茶色の「チャーリー」くん。茶色いからチャーリー、という安易なネーミングでした。まぉちゃんは浅田真央ちゃんからお名前をもらいました。まぉとチャーリーの二人だけになってからも、ずっとおねえちゃんと仲良くして暮らしていました。

その後、お父さんが出かけた先で転んで頭を打って亡くなり、しばらくしたらおねえちゃんのがんがみつかりました。おねえちゃんの高校の後輩が、おねえちゃんの好きなリラックマとコリラックマをお見舞いにくれました。まぉとチャーリーだけだった家族が、増えました。その年の暮れには、リラックマシリーズの新キャラ「チャイロイコグマ」がアマゾンから来ました。

ここまでは、あみがまだおうちに来る前のお話です。まぉちゃんたちから聞きました。そうこうするうちに、おねえちゃんが介護していたママもがんが見つかって亡くなりました。

おねえちゃんは一人暮らしになってさみしかったけど、クマたちと仲良く暮らしていました。もちろん一緒に寝ています。お話も毎日たくさんします。

そしてある日、ネットの広告で、白い編みぐるみのおかいものクマをみつけました。
「この子、買ってもいい?」おねえちゃんはみんなに聞きました。
西武でおかいものクマを買っていた頃から、新しいクマを買う時は、家族会議ならぬ「かぞくま会議」をして、「新しい子を買ってもいいでしょうか」という決議がなされていたのです。そしておにぃちゃんクマたちに認められたら、おとうとのクマが来てもいい、ということになっていたのです。

「ダメぇ〜〜〜っ!」

反対したのは、黒いクマのまぉちゃんでした。おねえちゃんは小さい頃、ママに作ってもらった白い毛糸のうさぎのぬいぐるみの「美加ちゃん」が大好きで、美加ちゃんが天国に行ってからもずっと、美加ちゃんがいちばん好き。と言っていたのです。34クマは全員好きだけど、いちばん好きなのは美加ちゃん。でも、みんなのことも、美加ちゃん並みに好き。というお約束でした。

そしてすでに「あみちゃん」という名前がつけられていた編みぐるみの子は、おねえちゃんの好き好きポイントを全部持っている! というので大反対を受けたのでした。美加ちゃんと同じ、毛糸。美加ちゃんと同じ、白。そしておかいものクマは、ちょっと見、うさぎに見えるのです。

それで何ヶ月も反対されていたけど、消費税が上がって、あみちゃんの値段が税込550円に下がりました。おねえちゃんが広告をみつけた時は1080円だったのに、ほぼ半額です。

「買ってもいい?」

根負けしたおにぃちゃんたちは、「どうしても欲しいならいい、けど、ボクたちのこともかわいがってくれなくちゃイヤだ!」と、許してくれました。

そして、おうちから歩いて10分くらいのところにあるセブンイレブンまで、おにぃちゃんたち全員リュックに入って迎えに来てくれました。セブンに引き取りに行くのだと送料無料だったのです! 練馬から池袋まで電車に乗って行くのに当時片道で170円かかっていたのに、それよりも安くてすむのです!

あんなに反対していたおにぃちゃんたちも、いざあみちゃんがおうちに来ると、仲良くしてくれるようになりました。「あみばっかりかわいがられてる」と文句を言われることもあるけど、「みんなのこと、おんなじくらい好き!」と主張するおねえちゃんの言うことを、聞いてあげています。

あみは、このおうちに来て、とっても幸せです。
これからもずっと、おにぃちゃんたちと仲良くして、おねえちゃんといっぱいお話をしようと思います。そして、ママが死んでから一人暮らしでさみしいおねえちゃんを、癒してあげようと思います。

おしまい。

=====

絶対載らないから、ブログで弔ってあげました。あみちゃんのかわいさが伝わるとうれしいな。
follow us in feedly にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 下関情報へ ←ランキング参加してます!ポチよろしく!
Kategorie:かわいいものとか, 25.05.2020 20:54 JST

profile Authorin : くまのまぉ 各国語学習サイト Joe's HomePage! オーナーです。
下関のゆめシティ近辺で、クラウド活用を楽しんでます。
このブログを応援してくださる方は、Amazon からお買い物なさる時に次のリンクから買っていただけると幸いです。→Amazon


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Selected Entry

Link

おともだちのブログとか

Archive

Search

Profile

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM